15分程度の外出なら不要?宇津木式スキンケア中の紫外線(UV)対策方法3選

  • 宇津木式スキンケア中の紫外線対策は必要?
  • 日焼け止めを塗るタイミングはいつ?
  • 宇津木式スキンケア中に紫外線対策できる方法を教えて!

宇津木式スキンケアは「何もしない美容法」ですが、紫外線対策をしないと老化に繋がらないか不安で、やっぱり普通のメイクをした方がいいのではないかと思ってしまうこともありますよね。

特に始めたばかりの方は、紫外線対策のやり方が変わり戸惑ってしまうかもしれません。

おみく

私は宇津木式スキンケアを始めて2年が経ちました。
通勤で毎日1時間は歩いていて、宇津木式スキンケア中の紫外線対策には一番力を入れていますが、シミが増えたなどのトラブルは今のところありません。

そこでこの記事では、宇津木式スキンケアでも紫外線対策できる方法を3つ紹介しています。

この記事を読むと、宇津木式スキンケア中でも迷わず紫外線対策をしっかりでき、いつどんな方法で紫外線対策をしたらいいのかが分かります。

長時間の外出なら限られた日焼け止めを塗ることはできるが、できるだけアイテムを使うこと、メイクが必要な場合は石鹸で落とせるバウダリーファンデーションを使うことが基本!

目次

宇津木式スキンケア紫外線対策のルール

宇津木式スキンケアにはいくつかルールがあります。

紫外線対策で気になることは「日焼け止め」の存在。

15分程度の外出なら日焼け止めはつけない

  • 15分程度の外出では、健康と美肌のためにむしろ紫外線を浴びた方がいいので、日焼け止めは付けなくて大丈夫
  • 日焼け止めを余計に塗ってしまうと、逆にお肌を痛めてしまう可能性がある

と、宇津木龍一先生の「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」に書いてあります。

通常は当たり前のように日焼け止めを使用しますが、日焼け止めは成分などによりお肌を痛めてしまうこともあるのでできるだけお肌に負担をかけずに、紫外線対策をしましょうということですね。

これは宇津木式スキンケアに限ったことではありません。

紫外線も害だけど、必要以上に日焼け止めを塗ることも害だということを覚えておきましょう。

宇津木式スキンケア紫外線対策の必要性

宇津木式スキンケア中の紫外線が必要な理由は、自分が紫外線に強い健康な肌状態かどうかが分からないからです。

紫外線に強いお肌の条件

  1. 肌のキメが整い、バリア機能が備わっている
  2. 肌のターンオーバーが正常
  3. 体内環境(食生活)が整っている

宇津木式スキンケアが成功すると、①と②のような肌状態になることができます。

しかし、③は体内環境(食生活)も関係するので、宇津木式スキンケアでベストな肌状態にすることはできても、始めたばかりや、食生活が悪ければ紫外線対策は必要です。

逆に紫外線のダメージを受けやすいのは、乾燥しているお肌(乾燥肌)と言われています。

特に紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めを塗りすぎると、乾燥の原因になることがあるのでご注意ください。

おみく

熱いお湯で顔を洗うと乾燥するのと似ているね・・・

宇津木式スキンケア中の紫外線対策方法3選

宇津木式スキンケアの本に書いてある内容に基づいて、紫外線対策方法を3つご紹介します。

15分以上外出する場合は日焼け止めを塗る

15分程度の外出なら日焼け止めは付けなくて大丈夫ですが、15分以上外出する場合は日焼け止めを塗りましょう。

宇津木式スキンケアでは、エメローゼン社の「UVUプロテクト」という日焼け止めがおすすめされています。

宇津木式スキンケアで使うことができる日焼け止めの条件は厳しめ。

  • 科学物質を含まないノンケミカル処方
  • お肌に優しいワセリンベース
  • 乾燥を招く紫外線吸収剤なし
  • 石けんオフできる(ウォータープルーフは落ちにくいのでNG)
おみく

きっとこんな日焼け止めを探してみようと思う方もいると思いますが、たぶんありません…

15分以下でも何もしないのが心配な方は、外出時間に関わらずアイテムを使うと安心です。

メイクが必要なら美白バージョンに変更

お仕事などでメイクが必要な場合は、石鹸で落とせて紫外線対策できるものを選びましょう。

宇津木式スキンケアでは、お湯で落とせるパウダータイプのファンデーションを選ぶことが基本です。

普段から宇津木式スキンケア+メイクをしている方は、すでにオンリーミネラルファンデーションまたはETVOS(エトヴォス)を使用していることが多いと思われます。

  • オンリーミネラルファンデーションを使用している→薬用美白UVファンデーション(SPF50PA⁺⁺⁺)に変更
  • エトヴォスを使用している→ミネラルUVパウダー(SPF50PA⁺⁺⁺⁺)に変更

エトヴォスは日本で国産のミネラルコスメを早くから発売したパイオニアブランド、オンリーミネラルは9年連続国内売上No.1で、美顔器のパイオニア“ヤーマン”がプロデュースしていて、どちらも信頼できるブランドです。

肌にやさしいミネラル成分100%で作られているので、つけたまま眠れるほど肌にやさしい付け心地なのが特徴。

宇津木式スキンケアで使えるお湯で落とせるパウダーという条件をクリアしつつ、お肌に優しくしっかり紫外線対策することができます。

オンリーミネラル

etvos

外を長時間歩くなら日傘や帽子をメインにする

通勤や子供とのお散歩で外にいる時間が長い方は、紫外線対策に不安を感じている方が多いと思います。

イコール、一番紫外線対策をしっかりしたい方!

外を歩く機会が多いなら日焼け止めやメイクにプラスして、アイテムが必須になります。

宇津木式スキンケアは何も塗らないことが基本なので、できるだけメイクはせずアイテムを使うことをおすすめしているからです◎

帽子はバケットハットなど深く被れるものや、つばが広い麦わら帽子などを選びましょう。

キャップは正面からの日光は避けられますが、横はノーマーク状態なので、あまりおすすめできません。

基本的には日傘も帽子もUVカット率が高い方がいいです。

また、紫外線は目からも受けるので、できればUVカットの眼鏡を着用すると更に紫外線対策が強化されます。

宇津木式スキンケア紫外線対策をより強化したい方は体内ケア

お肌が弱い方や外にいる時間が長い日などは、より紫外線対策を強化したいですよね。

そんな場合は、飲む日焼け止めで体内から紫外線対策!

塗る日焼け止めは紫外線を外側からブロックする、飲む日焼け止めは内側から防ぐ効果(役割)があるので、併用するとより強化することができます!

メリットは塗り残しの心配がない点や、朝急いでいたら塗る時間がなかったりしますが、飲むだけでOKなのでとにかく早くて簡単なことです。

通常の紫外線対策だけでは心配なら、夏の間だけでも飲む日焼け止めの使用を検討してみるといいかもしれません。

※妊婦さんや授乳中の方は服用を控えましょう(アレルギーがある方も注意)

日焼け止めを塗るのを忘れてしまった日は、甘酒を飲むと日焼け後のお肌に効果的と言われているので、後から対処をすることができます。

宇津木式スキンケアの紫外線対策方法まとめ

宇津木式スキンケア紫外線対策方法
  • 15分以上の外出の場合は日焼け止め(エメローゼン社の「UVUプロテクト」)を使用
  • メイクが必要なら、石鹸で落とせるパウダーファンデーションを使用(オンリーミネラルやエトヴォスならUVバージョンに変更)
  • 外を長時間歩くときはアイテムが必須なので、日傘や帽子を準備しておく
  • お肌が弱い方や外にいる時間が長い日は飲む日焼け止めで強化、紫外線対策を忘れてしまった日は甘酒を体内から取り入れてケア

宇津木式スキンケアは何もしないことが前提ですが、日焼け止め・メイク・アイテムを使い紫外線対策をしっかりすることができるので、辞めた方がいいのかな?と迷っている方も安心して続けることができます。

日焼け止めも紫外線と同じくらい害になるので、それなら宇津木式スキンケアを続けて紫外線に負けないお肌を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる